新卒採用情報サイト  
MST Corporation
>>キャリア採用の方はこちら  
事業紹介 職場紹介 先輩紹介 menu06 人事からのメッセージ エントリー
下村仁章
下村仁章
HITOAKI SHIMOMURA
下村仁章(2003年入社)
プロフィール
所属部署名 製造部 生産技術グループ
卒業学部学科 工学部 機械工学科
入社後の経歴 製造部加工工程で研修(2年間)
新工場の建設プロジェクト(1年間)
生産技術グループ配属(2年目)
インタビュー
現在どのような仕事をされていますか?
 主に工場に設置されているマシニングセンターから汎用機まで約230台が、常に機械の能力を発揮できるようメンテナンスを行っています。より効率的に生産が出来るよう改良をしたり、コストダウン等の検討をします。また、新規設備の導入に際し、機械仕様の検討、準備、立ち上げ作業もします。生産技術の仕事はほとんど同じものがなく毎日が変化のある仕事の連続でプレッシャーはありますが、非常に遣り甲斐があります。
その仕事のやりがいは何ですか?
 製品の加工の流れを少しでも効率良くしていく為に必要不可欠な部署です。その為、急な機械故障が発生した場合に、メンテナンスを少しでも早くやり終え、機械を復帰できた時はとても遣り甲斐を感じます。また、加工方法や作業の仕方を改善することで、それまでよりも生産性が向上し、評価された時には何とも言えない達成感を感じます。
職場の雰囲気は?
 全社員がファミリー的な雰囲気で、加工現場をOJTで研修している時も丁寧にわかりやすく教えていただきました。研修期間も2年間と長くモノづくりの基本をしっかり学ぶことが出来ます。また、自分の考えや、新たに提案した事を現場で試すことが出来るので、加工改善に取り組めます。
MSTコーポレーションの魅力は?
 社訓に「個性と創造」とあるように個人の考え主張をとても尊重していただけるところです。年齢・経験等に関係なく加工改善や様々なプロジェクトにどんどんチャレンジできますので遣り甲斐もあり評価もしてもらえます。いろんなことを試してみたいという人には最高の職場だと思います。
学生時代に夢中になっていたことは?
 ビリヤードをやっていました。ビリヤードはいかに精度良く失敗せずに玉を落としていくかというスポーツです。現在の仕事にもその確実性を求める精神は役立っているかと思います。
就職活動中の学生へのメッセージ
「常にチャレンジしていくこと」
これに限ると思います。例えその結果が失敗に終わったとしてもその失敗から学び取れることはたくさんあります。何もしないで立ち止まってしまってはいけません。昨日の自分よりも今日の自分が少しでも成長しているよう日々努力してください。
その他学生に伝えたいことは?
 社会人になってからもそうですが学生時代も、何事にも一生懸命取り組んでください。その時にがんばったという経験は何も関係のないようなことにでも必ず役に立つ時が来ます。少しでも中身の濃い日々を過して下さい。
ワークスケジュール
8:00 出社
8:10 機械メンテナンスのチェック
8:30 機械修理及びメンテナンス
12:00 昼休み
12:45 設備の改良の検討
16:00 メンテナンス及び修理内容の書類をまとめる修理部材の発注
17:30 退社
下村仁章
下村仁章
copyright © 2006 MST Corporation.Inc.All Right Reserved.
トップへ戻る 先輩紹介トップへ戻る